2017年11月19日日曜日

12月16日は、たべけん『自分で治そう 脂質異常症』(健康セミナー)

こんにちは。

マイファミリークリニック蒲郡、管理栄養士の青山です。 

風が冷たくなってきて、いよいよ冬の到来!という季節になりました。

 さて、12月16日(土)13:30から、たべけん「自分で治そう 脂質異常症の健康セミナーを行います。

健康診断でコレステロールが高いって言われたけど何を気を付けたらいい?

脂質異常症は特に症状がないから放置していいんじゃないか?

いえいえ、脂質異常症は放置して悪化すると最悪の場合「死」に至る可能性がある怖い病気です。

しかし、脂質異常症は生活習慣を改善すると治せる病気です。

今回はみなさん自身で改善できるポイント、油について、脂質異常症に関するみなさんの疑問点を管理栄養士がお話しします。

お電話(0533-67-2626)でご予約を承ります。

お時間がある方は是非、ご参加ください。

管理栄養士 青山 茉以

2017年11月17日金曜日

11月18日は、たべけん『糖尿病と食事』(健康セミナー)

いよいよ11月18日(土)13:30から、たべけん「糖尿病と食事」が迫ってきました。

糖尿病の食事ってどんなものが良いの?

どのくらい食べても良いの?

運動ってした方が良いの?

糖尿病に関するみなさんの疑問点を管理栄養士がお話しします。

お電話(0533-67-2626)でご予約を承ります。

お時間がある方は是非、ご参加ください。

管理栄養士 小島 千佳

2017年10月31日火曜日

【マイファミ食育だより】2017年11月号


みなさん。こんにちは。

寒さが増し、風邪やインフルエンザが流行る季節になりました。

手洗い、うがいをして,しっかり予防しましょう。

さて、11月の旬の魚介類はカレイです。


 かつては惣菜の定番魚でしたが、今では活けものは超高級魚となっています。

一般に夏が旬で、寒い時期の子持ちもまた非常に美味
クセのない白身で、塩焼き、煮つけ、唐揚げなどあらゆる料理に向きます。

カレイは、高たんぱく、低脂肪で、栄養素としては、ビタミンB2、ビタミンD、ナイアシン、タウリンを多く含んでおり、離乳食や年配の方の食事、病気の方への食事としても最適。

また、ヒレのつけ根には美肌づくりに効果的なコラーゲンが豊富で老化防止にも良いと言われています。 

ところで、みなさん、カレイとヒラメの見分け方をご存知ですか?

顔の向きで見分けることができます。

ひだりヒラメにみぎカレイ」と覚えましょう。

院内では「カレイのごま味噌煮」をご紹介しております。

来院されたときは一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島千佳

2017年10月4日水曜日

健康セミナー『自分で治そう 脂質異常症!』たべけん(平成29年度)




健康セミナー『自分で治そう 脂質異常症!』
食べて健康に!  管理栄養士 青山茉以の “たべけん”講座(平成29年度)

 脂質異常症は自覚症状がありません。
 脂質異常症を放置していると血管に負担がかかるため、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発作が起き、ときには命も左右されかねません。
 今回のセミナーでは今日から自分で簡単に始められるポイントをお伝えします。


  • 定 員:15名(先着申込順)
  • 対象者:どなたでも参加できます
  • 日 時:2017年12月15日(土)13:30〜14:30
  • 会 場:マイファミリークリニック蒲郡 2F オレンジルーム 
  • 参加費:240円(保険適用で3割負担の場合)*保険適用外、自費の場合 800円
  • 申込方法:電話 0533-67-2626 または受付にお申し付けください。



2017年10月1日日曜日

【マイファミ食育だより】2017年10月号


みなさん。こんにちは。

少しずつ涼しさが増し、過ごしやすい季節になりました。

10月の旬の魚介類は『ししゃも』です。

 
ししゃもは、市場に通年出回っていますが、特に10月は脂がのり、おいしい季節になります。

以前は干物が主流でしたが、近年は鮮魚も出回り、いつの間にか高級魚になりました。

表面は傷みやすく、すぐ柔らかくなりますので、鮮魚の場合は、できるだけ硬いものを選び、フッ素加工のフライパンで油を引かずに焼いて調理するといいでしょう。


骨まで丸ごと食べられるのでビタミン・ミネラルを余さず摂ることができます

とくに骨を強化させるカルシウム代謝を助ける役割があるビタミンB2を多く含んでいます。 

院内では「ししゃもの南蛮漬け」をご紹介しております。

来院されたときは一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島千佳

2017年9月26日火曜日

健康セミナー『糖尿病と食事』たべけん(平成29年度)

健康セミナー『糖尿病と食事』
食べて健康に!  管理栄養士 小島千佳の “たべけん”講座(平成29年度)

 糖尿病は軽度の場合、自覚症状がないため、軽視しがちです。
 悪化すると、神経障害・腎症・網膜症を合併していき、命に関わる事も少なくありません。今からでも食事で糖尿病を改善させましょう!
 糖尿病について管理栄養士から食事についてご説明いたします。
 一緒に正しい食事をしてみませんか?


  • 定 員:15名(先着申込順)
  • 対象者:興味がある方はどなたでも参加できます
  • 日 時:2017年11月18日(土)13:30〜14:30
  • 会 場:マイファミリークリニック蒲郡 2F オレンジルーム 
  • 参加費:1講座240円(3割負担の場合)*自費の場合 800円
  • 申込方法:電話 0533-67-2626 または受付にお申し付けください。



2017年9月4日月曜日

お元気コラム:食中毒に気を付けましょう

みなさん、こんにちは。

管理栄養士の青山です。

お元気コラム、第2回目です。
 
(木船幼稚園が保護者向けに発行している『予定表9月号』に掲載されています。なお、原稿を書いた“夏真っ盛り”から、若干時間が経ってしまっていますことご了承ください)

*なお、第1回のコラムはこちらです。




木船お元気コラム

- 食中毒に気を付けましょう -

とても暑い日が続いていますね。

夏場は高温多湿になるため食中毒が増えやすい時期です。

「食中毒」というと飲食店などで起きるものだとイメージが強いと思いますが、最近では家庭での食中毒も増えています。

食中毒を起こす菌は口から体の中に入り、お腹の中で菌が増え「ねつ・おうと・げり・おなかが痛い」などの症状がでます。

特に子どもは、抵抗力が弱いため食中毒にかかりやすく、重症になる恐れがありますので、調理する時は以下のポイントに気を付けましょう。


食中毒を防ぐ3つのポイント

菌をつけない:調理前は必ず手洗いをし、調理器具は使用の都度洗いましょう。

菌を増やさない:生ものを調理する場合は調理する直前に冷蔵庫から取り出しましょう。そして、調理後は早く食べましょう。

菌をやっつける:肉、魚、卵は十分に加熱、調理をしましょう。

食中毒予防の基本は手洗いです!!
食中毒を予防して残りの夏を楽しく過ごしましょう


管理栄養士 青山 茉以